北海道胆振東部地震の体験メモ

平成30年9月6日に発生した北海道胆振東部に関する体験等をメモしておく。

 

あの日はちょっと早く寝ようとして、午前2時過ぎにようやく眠りにつくことができた。まさか1時間も経たないうちに起こされることになるとは思わなかった。手持ちの複数のスマートデバイスによって緊急地震速報が大音量で通知され、浅い眠りにあったので直ちに目が覚め、間もなく揺れが襲ってきた。それはこれまでに経験したことのない大きな揺れだった。揺れの最中、何かが足元に落下して直撃したのがわかった。

揺れが治まって、天井の灯りを点けようと試みるも、部屋が照らされることはなかった。

気象庁の地震情報を直ちに確認し、それが胆振の方で発生したということがわかった。先で述べたように、停電状態に陥っていたので、とりあえずすぐに靴下を履いて、スマートフォン4台とタブレット1台、ノートパソコン1台、そしてモバイルバッテリー2台を持って部屋を移動し、同じ建物にいた血族全員の無事を確認した。

地震情報が更新され、自分のいる地域では震度5弱が観測されたことがわかった。それから夜が明けるまでスマートフォンでSTV等の放送を見て各地の様子を確認していた。全道的に停電していることが判り衝撃を受けた。明るくなってから自分の寝ていたところを見に行くと、自分の足を襲ったのは、棚の上に置かれていた電気スタンドだったことがわかった。室内が寒かったことが幸いし、毛布を纏っていたので自分の足にダメージはほとんどなかった。

午前6時前後に30分ほど仮眠をとって、停電から復旧しないため大人しくしていたら、午後1時頃に停電から復旧した。砂川火力が動き出してすぐだと思われる。午後3時頃に食料やUSB Type-Cの充電ケーブルを求めて外出。ホーマックでUSB Type-Cケーブルを確保し、何件かスーパーやコンビニを回ったものの、出遅れたのもあって営業しているところがなかなか見当たらなかった。車で20分くらいのところにあるツルハドラッグが営業していたので列に並んだ。1人あたり5点まで、同一商品は2点までという制限が課された。パン等、調理を必要としないものは既に棚から消えていたので、カップ麺や飲み物を買って帰宅した。

前述したように、我が家はいち早く停電から復旧していたので、街の状況に驚かされた。信号は機能しておらず、どうやら衝突事故も発生していたようだ。基地局がやられていたのか、それとも多くの人々が使っていたからか、街中ではインターネットに接続できなかった。

夜になってもほとんどの地域が停電から復旧することなく、綺麗な星空を見ることができた。同じ市の同じ町内においても、あるラインを超えたところから停電したままで本当に驚かされた。

7日になってようやく友人から少しずつ電気が復旧したという報せを受け始めた。中には7日の夜になるまで停電から回復しなかった友人もいた。自分のところが早くに回復したので正直なところ詳しくは覚えていない。

8日になってようやくJRやバス等の交通機関が運行を始めたようだった。

 

記憶が風化する前に書き残しておこうかと思ったけど、既に大部分が抜け落ちてしまっているし、疲れてきたのでこのあたりで筆を止める。

 

この地震で謎の寂しさが湧き上がり、幼少を供にしたプーさんのぬいぐるみが活躍した。